ピアノ調律・修理 愛知 岐阜 三重 出張します
調律・修理  谷口ピアノ調律事務所  名古屋・岡崎・豊田
HOME 作業内容

基本料金

Q&A

ブログ

イタリア.企画  運営者情報
















Snafkinsインタビュー



Snafkinsインタビュー 2





Q5 柘植(つげ)さんはアコースティックギターを弾かれますが、アコースティックギターの楽しさ、表現の豊かな所など教えていただけますか?

柘植(つげ) エレキギターには無いギター本来のナチュラルなサウンドも好きですし、場所を問わずに持ち運びが出来て、伴奏、ソロ、両方できるところにもギターの魅力と可能性を感じます。

谷口 そういえば僕がピアノさわっている時に、後ろで柘植さんがギター鳴らしているのを聞いてビックリしたのを思い出しました。叩いて打楽器にもなるし、きれいな旋律も奏でれば、他の楽器となじむことも容易です。オールマイティでピアノと同じく楽器の最もポピュラーな親しみやすさがギターのいい所ですね、もちろん高度な演奏は多くの方の憧れです。何か柘植さんのギターの音もクラッシックとは言いませんが何か高度な基礎を感じます。あまり聞かない新鮮なギターの音です。どのように勉強されて今の柘植さんの音を作りだされましたか?

柘植 一つに偏らず、とにかくいろんなの音楽を聴いているうちに自然と身に付いていきました。ギター以外の楽器のフレーズ、ボイシングも意識して聴いています。

谷口 一つの楽器としてとらえているだけでなく、音楽、音を出すものの一つという考え方でしょうか?意外と僕もピアノさわっていてそこが今足りなくてもっと考え方を変えたいと思っているところです。







Q6 SATさんはアコーディオンを演奏されます。最近お目にかからない楽器ですが、
音のうねり、息のような生々しさを感じました。アコーディオンはどんな楽器か教えていただけますか? そして大人のボーカル!歌の素晴らしさと難しさをお伝え下さい。


SAT 私が思うアコーディオンの魅力は、やはり哀愁ある音色と、それと呼吸する生き物のような情熱的な息遣いによる強弱の部分です。歌もそうですが、音を鳴らすために呼吸をし空気を送り込む必要があるわけで、その独特な空気感がたまらないですね。

谷口 呼吸は音楽にとって大切だとはよく聞きます。呼吸がいらない楽器でも呼吸は大切だと。アコーディオンはふくらます時が吸っている時で縮めている時は息を吐いているのが自然ですねきっと。ということはアコーデオンを弾きながら歌うことは見た目より大変ではありませんか?声とアコーディオンがより重なって感じるのかもしれません。


SAT 歌については、ボーカリストというのは音楽を通しての語り手だと思っているので、大事なのはそこに自分自身のリアルがある事かと。歌詞はもちろん、メロディー、歌い方など他人のものではない自分の表現ができているかをいつも大切にしています。また、楽器を扱うのとは違い目では見えないところが難しい点ですね。

谷口 初めCDを聞かせていただいた時は個性的な声と感じました。実際聞かせていただいて、かなりトレーニングを積まれて、独自の声を築き上げられたのを感じました。声は年齢とともに変わっていくと思うのでこれからが楽しみです。




Q7 事もあろうにミュージシャンが音楽教室を運営されていますが、きっと個性的な音
楽教室だろうことは想像できます。レッスンでのこだわり、プロならではのアプローチなどはありますか?


柘植 事もあろうに名古屋で一番クールでファンキーな音楽教室やってます(笑)

谷口 クールでファンキーですが、それだけでなく素晴らしいお人柄と心遣いを感じます。生徒の方と接する上で心に止めている所などはありますか?

柘植 誠意を持って謙虚な姿勢。初心を忘れるべからず。





ピアノ、ボーカル、ギター、ベース、ドラム等、全17種類の豊富なレッスン。
生徒さんのレベル、好みに合わせて練習内容を考えます。もちろん初心者大歓迎!
1才のハイハイベイビーから70代の素敵女子まで毎日楽しく音楽してます。
毎月、講師と生徒さんとアンサンブルセッションもやってます。
無料体験受付中。詳しくはホームページをご覧下さい→http://snafkins-music.com

Q8 これからの音楽の可能性、世の中はどのように変化していくのか何かイメージみたいなものはありますか?

柘植 音楽を、明日を生きる力に。本物が残っていく時代になりますように。

谷口 僕もミュージシャンではありませんが、いつか本物の素晴らしい技術者になれるように努力していきたいと思います。ミュージシャンにこれだけ食いついてインタビューさせていただけたことに感謝いたします。ありがとうございました。


ジャズを始めように戻る




アウトレットピアノすべて込みで¥100,000〜


ピアノのことなら 《 谷口ピアノ調律事務所 》 調律¥8,000〜
谷口ピアノ調律事務所
谷口順繁
愛知県豊田市高崎町欠ノ上10番地7
ありがとうございます。お気軽にお電話ください。
フリーダイヤル 0120−976−586 (携帯電話転送時、応答できない場合がございます。)
電話番号 0565−41−3101
(同業者の方、営業の方はメールにてご連絡下さい。)
ファックス番号 0565−32−8784 
E-メール taniguchipiano @nifty.com 
※スパム対策のため、@の直前にスペースを入れています。
 メールをお送りいただく際は、スペースの削除をお願いします。

メールの返事が3日以内以内に無い場合は受信トラブルが考えられます。
お手数ですがその場合、お電話をお待ちしています。
ありがとうございます。ささいなこと、気になることでもご連絡ください。

HOME 作業内容

基本料金

Q&A

ブログ

イタリア・企画  運営者情報
Copyright (c)2009,Taniguchi Nobushige